【読書メモ】ダ・ヴィンチ 2020年10月号

ちょうど撮りためてた「マギアレコード」をチラ見したばっかりだったので表紙に目を引かれ。 ダ・ヴィンチ 2020年10月号 でも、お目当ては 特集の「本を道しるべにイギリス・アメリカ あこがれのお菓子」。「物語のティータイム」がとてもよかったので、ダ・ヴィンチの煽り文句は気になりました。 物語のティータイム――お菓子と暮らしとイギリス児童文学 - 北野 佐久子 小麦を控えているので食べ…

続きを読む

Comment (0)

【読書メモ】好きなものはどこかで繋がる

本日は、本の感想ではありません。 体の調子が悪いので、アーユルヴェーダについて書籍探し。アーユルヴェーダで検索すると「輝きの島 スリランカへ」がなぜだかヒット。中身は、タイトルと出版社でわかる通り、ガイドブック。 五感でたのしむ! 輝きの島スリランカへ (旅のヒントBOOK) - 石野 明子 スリランカといえば、私の中ではこれ↓ 宝石商リチャード氏の謎鑑定 久遠の琥珀 (集英社オレンジ文…

続きを読む

Comment (0)

【読書メモ】芸術新潮 2020年2月 特集:ラノベ日本書紀

読書メーターで雑誌はカウントできないのでこちらにて。 ぶらぶらしてたら変なタイトルに行き当たった。 芸術新潮 2020年02月号 「ラノベ日本書紀??」何それ、面白そう。 わかりやすいかどうかはさておき、読みやすかった。わかりやすいに疑問形がついてしまうのは、名前とか、知ってる前提条件とか、そういう話なので、書き手さんのせいではない、と思う。たぶん。 最初のカギ括弧の部分が個人的に…

続きを読む

Comment (0)

【読書メモ】喫茶養生記

喫茶養生記だけちょっと内容を見ただけ。なので、読書メーターではなくブログにメモ 茶経・喫茶養生記・茶録・茶具図賛―現代語でさらりと読む茶の古典 - 高橋 忠彦 上巻はお茶について。心臓のためにお茶を飲め。下巻は病は冷えから。冷えには桑茶、桑粥。 で、いいかな?

続きを読む

Comment (0)

炎の蜃気楼セレクション/桑原水菜/集英社

手術を甘く見ていたため、発売して1週間以内に買いに行けず。仕方なしに、ポイントつかないけど予約してた本屋から送ってもらいました。 炎の蜃気楼セレクション - 桑原 水菜, 東城 和実, 浜田 翔子, ほたか 乱, 高嶋 上総 判型はありがたいA5サイズ。ぎりぎり本棚に収まった。中身は、書下ろし小説が46頁と今までの公式イラスト集大成。厚さと値段はぼったくりに見えるんだけど。物価的にこ…

続きを読む

Comment (0)

映画版 ダウントン・アビーを見ながら、宝石商リチャード氏シリーズのことを頭の隅で考えてたり。

劇場版 ダウントン・アビー (字幕版) - ヒュー・ボネヴィル, エリザベス・マクガヴァーン, マギー・スミス, ミシェル・ドッカリー, アレン・リーチ, ジム・カーター, ロブ・ジェームス=コリアー, イメルダ・スタウントン, マイケル・エングラー, ジュリアン・フェロウズ, ギャレス・ニーム, ジュリアン・フェロウズ, リズ・トルブリッジ 携帯会社のオプションでamazon prime…

続きを読む

Comment (0)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 夏の庭と黄金の愛/辻村七子/集英社

物語の空気がとても心地よかったので「宝石商リチャード氏の謎鑑定」シリーズは現在お気に入り。好きなシーンだけ何回も読み返したりしてます。宝石商リチャード氏の謎鑑定 夏の庭と黄金の愛 (集英社オレンジ文庫) - 辻村七子, 雪広うたこ ちょうどこの巻を読み終えたので、読書メーターには残しておくよりブログの方がいいかな、と私が思っていることを書き留めておきます。 この巻、しゃべってる言語で記載され…

続きを読む

Comment (0)

魔法雑貨の作り方/魔法アイテム錬成所/ホビージャパン

表紙の美しさと、タイトルの「魔法」と「作り方」だけ見て早とちり。勝手に、石を使って、魔法陣とか書いておまじないかけて、仕上げるための本かと思ってた。天然石を使ったレシピもあるけれど、あくまで今いる世界における「魔法世界」認識のグッズを見た目だけ自作しよう、というクラフト大好き!さんが読むと楽しい本です。写真がきっちり作りこまれていて、出来上がり素材に添えられた魔法アイテム紹介文も素敵なので、作り…

続きを読む

Comment (0)

絵本選びに困ったら

絵本の雑誌というと、私の中で「MOE」一択だったのですが、「この本読んで!」って雑誌もあったんですね。 この本読んで! 75号(2020夏号) (メディアパルムック)MOE (モエ) 2020年9月号 [雑誌] (ヨシタケシンスケ ことばの魔法 特別ふろく ヨシタケシンスケクリアファイル 別冊ふろく ヨシタケシンスケ「STAY HOME 心の中でできること」) - ヨシタケシンスケ, 柴田…

続きを読む

Comment (0)

宝石商リチャード氏の謎鑑定/辻村七子/集英社オレンジ文庫/雪広うたこ

宝石商リチャード氏の2冊目「宝石の国」で石(鉱物?)の名前は見てたけど、石そのものに興味はわかず。この本1話目キャッツアイの話を読んで、ちょっとだけ興味が出てきました。巻末の参考文献にあたっていこうかな。 宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン (集英社オレンジ文庫) - 辻村 七子, 雪広 うたこ あと、お守りとか不思議な力の話が好きだけど、いまいち信用していなかった私には目か…

続きを読む

Comment (0)

薬屋のひとりごと

久々、「本」を買いました。 モノもデータも減らしたかったのでいろいろ買わないようにしていたのですが…抗えなかった… 薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫) [ 日向夏 ] - 楽天ブックス 最初はちまちまとLINEマンガで読んでました。 薬屋のひとりごと 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) - 日向夏(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス), ねこクラゲ, 七緒一綺…

続きを読む

Comment (0)

薪さんが愛しすぎて/秘密 清水玲子

新装版 秘密 THE TOP SECRET 12 (花とゆめCOMICS)白泉社 2016-04-20 清水玲子 Amazonアソシエイト 今更ながら、「秘密」を読みまして、貝沼のように「薪さん」を連呼しています。 自分のことがとても怖いです(冷汗) 警察ネタですが、時代が2060年なのでSFに入るらしい。 亡くなられた人の脳が記憶している情報から犯人の特定や動機の特…

続きを読む

Comment (0)

食べる「バランス」・ライフスタイルの「バランス」

新しい流行病は「ブレイン・フォグ」、というらしいですね。 頭の中がもやもやしたり、あんまりやる気が出てこなかったり。 脳が冴える最高の習慣術~3週間で集中力と記憶力を取り戻す大和書房 マイク・ダウ Amazonアソシエイト by 脳が冴える最高の習慣術。 「習慣術」と書いた本は山ほどありますし、 食生活をただす本はだいぶ出ていますし、 ネ…

続きを読む

Comment (0)

占星術の文化史/鏡リュウジ/原書房

占星術の文化誌原書房 鏡リュウジ Amazonアソシエイト by ダンテの「神曲」 ボッティチェリのプリマヴェーラ 「組曲 惑星」 一般教養として見たり聞いたりしたことがあるものの中に、占星術が紛れ込んでいる。 そんな解説本。 占星術を信じる信じないではなく、文化として取り扱っているもの。 占星術を知れば、西洋の古典?文学や絵画などがさらに面白くみられるのでは…

続きを読む

Comment (0)

どうしても触れたくない/ヨネダコウ/大洋図書

連続ヨネダコウ。 これ、泣いた。 私はすぐ泣く人だからかもしれないけど、泣けた。 外川の行動や、セリフの使い方がとてもいいな、って思いました。 良いセリフだけ抜き出しても良さは伝わらないので抜粋はしません。 キャラの人生をたどってこそのセリフ。   どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)大洋図書 ヨネダ コウ Amazonアソシエ…

続きを読む

Comment (0)

NightS/ヨネダコウ/リブレ出版

帯に「ヤクザ×運び屋」って書いてあるので、それをすっごく期待していたので、ちょっと肩透かしをくらいました。 お話が、ではなく、ページ数が、です。 帯であれだけあおってるから、丸々1冊がっつりだと思ってたのに!!!! 今、裏表紙見たら、ちゃんと「傑作集」って書いてありました。 今度からちゃんと裏表紙確認します。 私はNightSとリプライが好きでした。 NightSの締めくくり…

続きを読む

Comment (0)

終わりを知らない遊戯のように。/原作:桑原水菜 マンガ:浜田翔子/集英社

Hi! 雑誌コバルトは炎の蜃気楼のためだけに買ってる方、かずさです。 炎の蜃気楼大好きです。 泣くし頭おかしくなるけど好き←ドM?(笑) そんなわけ(?)で、雑誌の写真を添付しておいて、ブログタイトルがこんなことになってます。 「獅子吼える」も面白かったのですよ。 だけど、だけど…やっぱり現代の直江と高耶が好きなのです。 今回雑誌に載っているマンガ「終わりを知らない遊戯…

続きを読む

Comment (0)

忘れられない物語

いろんなジュニアノベルズを読んでますし、いろんなものにハマって飽きてを繰り返している私ですが、本当に忘れられない小説が、炎の蜃気楼を除いて1作品あります。 「果て」という小説です。 なぜ「1作品」と書いたかというと、この小説は単行本化されていないからです。 そして、プロの方の書かれたお話ではありません。 今を去ること十数年前、雑誌コバルトに投稿され、審査員の先生の目に留まった作品の一つ。…

続きを読む

Comment (0)