食べる「バランス」・ライフスタイルの「バランス」

新しい流行病は「ブレイン・フォグ」、というらしいですね。 頭の中がもやもやしたり、あんまりやる気が出てこなかったり。 脳が冴える最高の習慣術~3週間で集中力と記憶力を取り戻す大和書房 マイク・ダウ Amazonアソシエイト by 脳が冴える最高の習慣術。 「習慣術」と書いた本は山ほどありますし、 食生活をただす本はだいぶ出ていますし、 ネ…

続きを読む

Comment (0)

占星術の文化史/鏡リュウジ/原書房

占星術の文化誌原書房 鏡リュウジ Amazonアソシエイト by ダンテの「神曲」 ボッティチェリのプリマヴェーラ 「組曲 惑星」 一般教養として見たり聞いたりしたことがあるものの中に、占星術が紛れ込んでいる。 そんな解説本。 占星術を信じる信じないではなく、文化として取り扱っているもの。 占星術を知れば、西洋の古典?文学や絵画などがさらに面白くみられるのでは…

続きを読む

Comment (0)

どうしても触れたくない/ヨネダコウ/大洋図書

連続ヨネダコウ。 これ、泣いた。 私はすぐ泣く人だからかもしれないけど、泣けた。 外川の行動や、セリフの使い方がとてもいいな、って思いました。 良いセリフだけ抜き出しても良さは伝わらないので抜粋はしません。 キャラの人生をたどってこそのセリフ。   どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)大洋図書 ヨネダ コウ Amazonアソシエ…

続きを読む

Comment (0)

終わりを知らない遊戯のように。/原作:桑原水菜 マンガ:浜田翔子/集英社

Hi! 雑誌コバルトは炎の蜃気楼のためだけに買ってる方、かずさです。 炎の蜃気楼大好きです。 泣くし頭おかしくなるけど好き←ドM?(笑) そんなわけ(?)で、雑誌の写真を添付しておいて、ブログタイトルがこんなことになってます。 「獅子吼える」も面白かったのですよ。 だけど、だけど…やっぱり現代の直江と高耶が好きなのです。 今回雑誌に載っているマンガ「終わりを知らない遊戯…

続きを読む

Comment (0)

忘れられない物語

いろんなジュニアノベルズを読んでますし、いろんなものにハマって飽きてを繰り返している私ですが、本当に忘れられない小説が、炎の蜃気楼を除いて1作品あります。 「果て」という小説です。 なぜ「1作品」と書いたかというと、この小説は単行本化されていないからです。 そして、プロの方の書かれたお話ではありません。 今を去ること十数年前、雑誌コバルトに投稿され、審査員の先生の目に留まった作品の一つ。…

続きを読む

Comment (0)