時の神様のお導き、かな?

図書館をぶらぶらしていたら目に入った本。 ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫) - 本田健ザ・シークレット (角川書店単行本) - ロンダ・バーン, 山川 紘矢, 山川 亜希子, 佐野 美代子 何回か読んでます。で、また読みました。返却日まで何回か読み返す予定。なぜ何回も読むかというと、目につくから。「見直しなさい」「考え直しなさい」と誰かが言っている気…

続きを読む

Comment (0)

【読書メモ】好きなものはどこかで繋がる

本日は、本の感想ではありません。 体の調子が悪いので、アーユルヴェーダについて書籍探し。アーユルヴェーダで検索すると「輝きの島 スリランカへ」がなぜだかヒット。中身は、タイトルと出版社でわかる通り、ガイドブック。 五感でたのしむ! 輝きの島スリランカへ (旅のヒントBOOK) - 石野 明子 スリランカといえば、私の中ではこれ↓ 宝石商リチャード氏の謎鑑定 久遠の琥珀 (集英社オレンジ文…

続きを読む

Comment (0)

「一緒にいた時間の長さ×濃さ」は習慣になる…かもしれない。

下に並べた3冊は、同じA5版の書籍です。 炎の蜃気楼セレクション - 桑原 水菜, 東城 和実, 浜田 翔子, ほたか 乱, 高嶋 上総 4,180円 / 144p 宝石商リチャード氏の謎鑑定公式ファンブック エトランジェの宝石箱 - 辻村 七子, 雪広 うたこ 2,200円 / 219p スタンドマイヒーローズ OFFICIAL SCENARIO BOOK Season I&…

続きを読む

Comment (0)

「ときめき」は人それぞれ

こんまりさんの本で、私が一番面倒だな、と思っているのが、服をたたむということ。 確かに並べた当初はとてもときめくのです。 いいな、と思うのです。 でも、その日の洗濯物が戻ってきたとたん、 「たたむの面倒くさい」 となってます。 毎回同じことの繰り返し。 ダメ人間だな、と何度も思っていたのですが、私向きなやり方を見つけました。 たたまず引き出しに放り込む。でも、さっとモノが取り…

続きを読む

Comment (0)

占星術的海王星祭り

世の中もマイナスの意味で海王星祭りっぽいですが(主に免疫系) このところ絶賛海王星祭り中のはるさんは、違う海王星祭りをしております。 想像 からの 創造 です。 早く言うと、「家の中改革」と「体調&思考改革」です。 せっかく国をあげての強制引きこもりなんですもの。 ありがたく活用させていただきます。 今やっているのは ・いらないものを捨てたり ・いらないかどうかを見極…

続きを読む

Comment (0)

そろそろ双魚宮Time

2月も半分過ぎました。 そろそろ双魚宮-うお座のお時間です。 今年は海王星が18度あたりを進んでいくので、 太陽・月がうお座16度から20度にいる人達に、なんかあるんじゃないかなぁ。 「なんかってなんやねんっ!」 って言われそうですが。 なんかあるってことは、何か起こせるってことなので、 人生好きに楽しくカスタマイズしちゃいましょう♪ あと、たぶん。 ふたご…

続きを読む

Comment (0)

占星術のお勉強は無期限おやすみ

双魚宮life と名付けなおしたのは、占星術関連の何かを書こうと思っていたからなのですが、占星術の「お勉強」は無期限のおやすみにすることにしました。 レポートがどうしても書けない…orz やる気に関する本を読んで何度もトライしてみたけど、どうしても書けない。わからないから書けないのか、書きたくないのか…。この部分にカウンセリングが必要なんだろうな。 まだ続いているネット講座すら見ようとしな…

続きを読む

Comment (0)

タバコが苦手な人が、家を決めるときに大事かもしれないこと。

駅から何分か、とか、 近くにコンビニやスーパーがあるか、とか 周囲の音はどんな感じなのか、とか、 前の部屋の住人はタバコは吸っていたかどうか、とか。 そこまでは気にするのですが、もうちょっと突っ込んで聞いておいた方がいいこと。 タバコが苦手な人だけのお話です。 マンションタイプなら、 左右上下の住人が、タバコを吸っているかどうか。 案外廊下ににおいが充満し…

続きを読む

Comment (0)

一人暮らしの時にあったら良かったかもな、と、思うもの。

一人暮らしを始めた時、 「節約のために自炊するぞ!」 と、がんばっておりました. いざ仕事が始まり、「生活」が始まると、 食生活がなおざりに。 土日は遊びに行きたいし。 いろいろあって、今は一人暮らしではないのですが、 台所に立っていて、ふと 「あの当時、何があったらそれなりにまともなごはんが作れただろうか…」 と思ったので、書き留めておきます。 ただ、現実的…

続きを読む

Comment (0)