<茅乃舎の野菜だし>でヘルシースープの昼食生活

世の中にはカップスープが山ほど出ていて、会社勤めの女性たちにはありがたい世の中になりました しかし わたくし 市販のカップスープを食べると、かなりの率で口の中に口内炎ができます もしくは 口の中の皮がべろんっとはがれちゃったりもします 結構面倒くさい体質 そんな中 家族が茅乃舎の野菜だしを買ってきてくれました 化学調味料、保存料 無添加のだし だしがそのまま出せるよ…

続きを読む

テーマ:ごはんの話 Comment (0)

キッコーマン うちのごはんシリーズ

画像撮りわすれたのでないんです^^;;; 久しぶりに使って、使いやすさを実感。 今日使ったのは鶏竜田の甘辛香味だれなのですが、竜田だけど揚げなくていい! 付属の粉とまぜて焼くだけ。 で、たれをかけたら出来上がり。 所要時間はたぶん15分くらい。 お肉も1枚ものって書いてあったけど、切ったモモを買ってきたら包丁使わなくても出来ちゃう。 少し味が濃い目なので、キャベツの千切…

続きを読む

テーマ:ごはんの話 Comment (0)

どうしても触れたくない/ヨネダコウ/大洋図書

連続ヨネダコウ。 これ、泣いた。 私はすぐ泣く人だからかもしれないけど、泣けた。 外川の行動や、セリフの使い方がとてもいいな、って思いました。 良いセリフだけ抜き出しても良さは伝わらないので抜粋はしません。 キャラの人生をたどってこそのセリフ。   どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)大洋図書 ヨネダ コウ Amazonアソシエ…

続きを読む

テーマ: 本の話 Comment (0)

NightS/ヨネダコウ/リブレ出版

帯に「ヤクザ×運び屋」って書いてあるので、それをすっごく期待していたので、ちょっと肩透かしをくらいました。 お話が、ではなく、ページ数が、です。 帯であれだけあおってるから、丸々1冊がっつりだと思ってたのに!!!! 今、裏表紙見たら、ちゃんと「傑作集」って書いてありました。 今度からちゃんと裏表紙確認します。 私はNightSとリプライが好きでした。 NightSの締めくくり…

続きを読む

テーマ:マンガ 本の話 Comment (0)

終わりを知らない遊戯のように。/原作:桑原水菜 マンガ:浜田翔子/集英社

Hi! 雑誌コバルトは炎の蜃気楼のためだけに買ってる方、かずさです。 炎の蜃気楼大好きです。 泣くし頭おかしくなるけど好き←ドM?(笑) そんなわけ(?)で、雑誌の写真を添付しておいて、ブログタイトルがこんなことになってます。 「獅子吼える」も面白かったのですよ。 だけど、だけど…やっぱり現代の直江と高耶が好きなのです。 今回雑誌に載っているマンガ「終わりを知らない遊戯…

続きを読む

テーマ: 本の話 Comment (0)

第二十四回 堂本剛 独演会「小喜利の私」

本のお話ではなく、ちょっとした日記。 堂本剛の独演会に行ってきました。 堂本剛を楽しみたかった私には、とても面白かったです。 小喜利なので、お題を出されてそれについて笑いを考える、という公演。 普通の大喜利と違うのは、堂本剛流の笑いであるということと、その笑いを10点で採点されて、10点をいっぱいとれたらご褒美があるって点。 剛さんの頭の回転の速さや言葉の選び方に感心したり笑ったり…

続きを読む

テーマ:演劇・映像・音楽 Comment (0)

忘れられない物語

いろんなジュニアノベルズを読んでますし、いろんなものにハマって飽きてを繰り返している私ですが、本当に忘れられない小説が、炎の蜃気楼を除いて1作品あります。 「果て」という小説です。 なぜ「1作品」と書いたかというと、この小説は単行本化されていないからです。 そして、プロの方の書かれたお話ではありません。 今を去ること十数年前、雑誌コバルトに投稿され、審査員の先生の目に留まった作品の一つ。…

続きを読む

テーマ: 本の話 Comment (0)